Case症例紹介

2020.11.18

顎関節症を矯正治療で治癒させた症例(12ヶ月)

顎の音と口の開けずらさを主訴に来院されました。
当院では矯正治療を行う全ての患者さんに対して顎運動計測検査を行い、顎の3次元的な動きを確認しながら診断していきます。
この検査により、治療後の目指すべき最終下顎位を決定します。

《治療前の顎運動検査データ》

丸の所で顎が異常な運動をし、音が鳴っています。

《治療前》



《治療後》




《治療前》


《治療後》



《治療前》



《治療後》




《治療後の側方運動時の臼歯離開》





矯正後にはしっかり噛み合っています。高さをコントロールし、歯を整直させることで顎関節の音は無くなり、顎関節症は治癒しました。
左右に顎を動かした時、3番目の歯の前方部でガイドすることで奥歯が離開しています。これにより奥歯を守り、顎関節に対してもストレスのないスムーズな動きが可能となります。
当院の矯正治療は、噛み合わせと顎関節を考慮して非抜歯で行なっています。
この方は12ヶ月で矯正治療が終了しました。

ご予約・お問い合わせ

047-484-0708

受付時間

日・祝

09:00~13:00

/

/

/

14:00~18:00

/

/

/

14:30~18:30

09:00~17:00

アクセス

〒276-0033 千葉県八千代市八千代台南2-10-35 京成本線八千代台より徒歩7分
駐車場 8台完備

  • menu